群馬健康ネット概要

 NPO法人群馬コングレスサポートは平成22年度の総務省「地域ICT利活用広域連携事業」において、「群馬健康クラウドネットワーク基盤構築事業(群馬健康ネット)」を提案し、委託を受けました。

 群馬健康ネットは、予防医療およびがん治療へのICT(情報通信技術)を応用し、群馬県における
(1) 県民の個人健康情報の保存と活用による健康意識の啓発と健康増進の支援
(2) 重粒子線がん治療に関わる医療連携による患者負担の軽減と医療の質的向上
の実現を目標としており、前橋市および高崎市をモデル地域として実施します。

 群馬健康ネットは、群馬コングレスサポート、群馬大学附属病院(病院長:石川治)、高崎健康福祉大学(学長:須藤賢一)および特定非営利活動法人地域診療情報連携協議会(理事長:瀧澤清美)の共同プロジェクトとして推進しています。また、地域の医療機関・地方自治体等関係者が参加する「群馬健康クラウドネットワーク協議会(以下、協議会)」を通して、地域ニーズへの対応と事業の持続的運用体制の確立を目指します。